akiyo.jp

2011.10.18

嵯峨野散策1:化野念仏寺

久々に時間が出来たので、嵯峨野方面に散策で出かけてきました。

まず、訪れたのは化野(あだしの)念仏寺

境内にまつる八千体を数える石仏・石塔は従古あだし野一帯に葬られた人々のお墓である。

何百年という歳月を経て無縁仏と化し、あだし野の山野に散乱埋没していた石仏を明治中期、地元の人々の協力を得て集め、釈尊宝塔説法を聴く人々になぞらえて配列安祀してある。

リーフレットより。

石仏・石塔が安祀されている場所は「西院の河原」と記されています。

想像していたよりも大きな空間ではないのですが、過去からの強い「念」を感じました。

 

石仏・石塔とは別に、妙な存在感があったのは、こちらの仏舎利。「納骨堂」と案内されていましたが、仏舎利も、鳥居に似たゲートも南アジアの雰囲気が漂っているように感じました。

・・・木が生い茂っていて、良く分からないかも?(^_^;

 

「竹の小径」と称される、寺院内の竹林道。

ここで聴いた音は、今回の散策でもひときわ印象深いものだったのです。

風が吹く

ぴゆう、と鳴る

葉がざわめく

さわさわ、さわさわ

竹は音をたてる

みしみし、みしみし

そして、時折ぶつかりあう

かたかた、かたかた

 

参道のお地蔵さん。仲良く並んでます。

 

Picasaのアルバムへ

2011.4.18

想像上の生き物

step1:目を閉じる

step2:閉じたまぶたの上に手をあてる

step3:眼球をグリグリ動かす

オタマジャクシに似た、妙な生き物がうごめく感覚が味わえる、かも?

* * *

ブログ更新はご無沙汰です!

って、こんなんで良いのかぁ?(^_^;

お気楽にやっちょります。ぼちぼち。

2010.7.27

WEB版「百人一首コレクション」

去年の冬から春にかけて作業してきた、跡見学園女子大学「百人一首コレクション」サイトが公開されました。

実はこちらは、2008年に公開されたものに新たにコンテンツを追加した拡張版なのです。前回に引き続き、制作の指揮は北村礼明さん。私も、前回に引き続きデザイン・オーサリング・スクリプト書き・レタッチ、そして今回は一部のサウンド・エフェクト等も担当しています。

そして膨大な画像の外形をベジェでトレースするという根気のいる作業を手伝ってくれたのは、ナポリ在住のアキ・ダモーレさん

私がツイッターで「あと○○枚〜。まだ終わらない・・・。」と番町皿屋敷のようにウラメシゲにつぶやいていたら、「手伝うよ」と言ってくれたのです。ああ、天からの蜘蛛の糸。(違)アキさん、本当にありがとう!助かりました〜!というワケで、このサイト、密かに日伊合作です。(^_^;

* * *

今回は画像が大幅に追加されるとともに、クイズ「百人一首双六」が新たに加わりました。こちらは、江戸時代の双六を、WEBで楽しめるように仕立て直したものです。

ちなみに、グッド・エンド「あがり」とバッド・エンド「行き止まり」があります。(^_^;
「行き止まり」になることはほとんどないのですが、私が初めてテスト・プレイしてみた時には「行き止まり」でした。運が良いんだか、悪いんだか?!

この中の表記で使われている文字は漢字と変体仮名です。学生時代に国文学の授業で苦しんだ変体仮名と、こんなところで再対面することになるとは・・・。(苦笑)あいかわらず読めませんが、作業していくうちに、少しだけ読める(当たる)ようになってきた気がしました。

ゲーム感覚でできるので、ぜひお試しくださいませ。
あ、音が出ますので、オフィス等でご覧になる時にはお気をつけて。

そうそう、こちらのサイトはe-pageというサイトで紹介していただきました!