akiyo.jp

カテゴリー:お仕事

2011.12.1

「アトリエイノウエ」

建築家、井上明日香さんの事務所、「アトリエイノウエ」のサイト制作を担当させていただきました。主にWordPressのテンプレートのデザイン+作成、トップページのアニメーションなど。

 

 

私も建築出身ということもあり、思考の流れなど「阿吽」でわかりあえる部分を感じつつ、楽しく作成することができました。

明日香さん、今後のご活躍をお祈りしております!

2010.7.27

WEB版「百人一首コレクション」

去年の冬から春にかけて作業してきた、跡見学園女子大学「百人一首コレクション」サイトが公開されました。

実はこちらは、2008年に公開されたものに新たにコンテンツを追加した拡張版なのです。前回に引き続き、制作の指揮は北村礼明さん。私も、前回に引き続きデザイン・オーサリング・スクリプト書き・レタッチ、そして今回は一部のサウンド・エフェクト等も担当しています。

そして膨大な画像の外形をベジェでトレースするという根気のいる作業を手伝ってくれたのは、ナポリ在住のアキ・ダモーレさん

私がツイッターで「あと○○枚〜。まだ終わらない・・・。」と番町皿屋敷のようにウラメシゲにつぶやいていたら、「手伝うよ」と言ってくれたのです。ああ、天からの蜘蛛の糸。(違)アキさん、本当にありがとう!助かりました〜!というワケで、このサイト、密かに日伊合作です。(^_^;

* * *

今回は画像が大幅に追加されるとともに、クイズ「百人一首双六」が新たに加わりました。こちらは、江戸時代の双六を、WEBで楽しめるように仕立て直したものです。

ちなみに、グッド・エンド「あがり」とバッド・エンド「行き止まり」があります。(^_^;
「行き止まり」になることはほとんどないのですが、私が初めてテスト・プレイしてみた時には「行き止まり」でした。運が良いんだか、悪いんだか?!

この中の表記で使われている文字は漢字と変体仮名です。学生時代に国文学の授業で苦しんだ変体仮名と、こんなところで再対面することになるとは・・・。(苦笑)あいかわらず読めませんが、作業していくうちに、少しだけ読める(当たる)ようになってきた気がしました。

ゲーム感覚でできるので、ぜひお試しくださいませ。
あ、音が出ますので、オフィス等でご覧になる時にはお気をつけて。

そうそう、こちらのサイトはe-pageというサイトで紹介していただきました!

2010.6.9

「Roth Williams Study Club Japan」のサイトを作りました。

矯正歯科医の先生方のロス ウイリアムス スタディ クラブ・ジャパンのサイト制作にたずさわらせていただきました。

Roth Williams Study Club Japan
http://www.rwjso.com/

サイトは、患者さんよりもむしろ、開業医の先生方に対してという意味合いが強いので、かなーりマニアックな内容かと思われます。(^_^;
それでもシロウト目にも「なるほどなぁ!」と思うこと、しきり。

実は、ここの会長をされているヒルサイドビュー矯正歯科の池田和己先生は、歯の矯正で患者としてお世話になった方なのです。先生は矯正治療に対して、とても熱心に取り組んでいらっしゃる方。あ、私と苗字が同じですが、親戚じゃないですよー。(笑)

患者として先生に出会ったのは、かれこれ10年くらい前になるでしょうか。それ以降もいろいろ仕事の依頼などをいただいていて、今じゃぁ、すっかりクライアント様でゴザイマス。おかげでワタシは「歯と歯グキとアゴ関節」に妙に詳しいWEB屋?!

と、冗談はさておき。(^_^;

「Roth Williams Study Club Japan」は、先生の師匠であるロス先生の提唱する歯の矯正の臨床治療に共感した先生がたの集まりです。

例えば。
わかりやすい例でいうと、従来の矯正治療のイメージだと、妙に前歯が内側に傾いてしまっていたりして不自然な印象になってしまっているものが見られました。でも、ロス先生の編み出した治療は違います。矯正治療を「歯をならべること」だけでとらえず、顔全体、特に顎関節にも注目して、トータルに整えていくことを理想としているのです。

池田和己先生、奥様の伊佐世先生、これからもよろしくお願いします!

今回のサイト制作にあたり、大阪で足立矯正歯科を営む足立敏先生、名古屋で小松矯正科を営む小松真佐子先生にもいろいろご意見をいただき、サイト公開まで至ることができました。本当にありがとうございました!

* * *

余談ですが。
ここのサイトでも紹介されている『ROTH ORTHODONTICS』の表紙デザインも私です。(^o^;