akiyo.jp

2008.5.3

piece と room

フランス語は英語にくらべたら単語総数が少ない、なんてことを聞いたことがあります。ってことは、一つの単語に含まれる意味が多様化しているということで・・・。

最近、「へぇ〜」と思ったのが、「pièce(ピエス、という感じの発音です)」という単語。英語でいうところの「piece」の意味と「room」の意味を併せ持っているそうなのです。

これってもしかしたら、「部屋は家の一部分」という考え方なんでしょうか?こじつけ?(^_^;

ちなみに、手元の辞書によると。

【 pièce 】

1. 部屋
2. 1個, 1つ, (全体の)1部, 1点, 1品
3. 部品, パーツ, (服などの)ピース
4. 貨幣, 硬貨, コイン
5. 書類, 証明書, 証拠品
6. 戯曲, (文学・音楽の)作品
7. かけら, 破片
8. (つぎ用の)当て布, 布切れ
9. (狩猟の)獲物, (釣った)魚
10.(土地の)1区画
11.(ゲームの)駒(チェスでは歩pions以外の駒をさす)
12. 大砲, 砲兵隊

うわぁ、いっぱいある・・・。

さらに、「部屋」の意味で使う時には「寝室(chambre)」「リビング, 居間(salle de séjour)」「ダイニングルーム, 食堂(salle à manger)」などは含まれるけど、「キッチン, 台所(cuisine)」「風呂(salle de bains)」「トイレ (w.-c.)」は含まれないとのこと。

類似の「salle」の方は、英語でいうところの「hall」と「room」の意味を含んでいるようです。ふぅ。

* * *

ところで、「部屋は家の一部分」という話で思い出しましたが。

どこかの洞穴住居でのお話。

AさんとBさんは隣り合って住んでいました。

ある時、Aさんの家の部屋の一つをBさんに譲ることになったそうなのです。理由は、子供が独立した、あるいはお金に困ったから、などそんなところなのでしょうか。

通常は、「一つの部屋だけをゆずる」なんてことは難しいかもしれませんが、それはそこ、洞穴住居。譲ることになった部屋のAさん宅側の壁の塗り込めてつぶして、Bさん宅側に穴を開ければ大丈夫!

なんだか、面白いなぁと思いました。

コメント

  1. 2008.7.2 05:17

    はじめまして。
    MESSAGEが使えないようなので、失礼してこちらにひとこと。
    関心空間にある『星投げびと』のレビューからおじゃましました。Dr.アイズリ
    ーは敬愛する作家です。missing linkのように貴重なリンクを辿りここまで来られ
    たので一筆失礼させていただきました。
    またおじゃまさせていただきます。頓首

  2. ike

    2008.7.2 19:20

    hoshinageya さん、
    はじめまして!
    コメントありがとうございます+フォームの不具合、本当にごめんなさい。
    (#サーバ移動の時の設定に加えて、プラグインのバージョンアップをしていな
    かったのが原因でした)
    アイズリーの『星投げびと』、良いですよね。
    私も周りの人に勧めまくっています。(笑)
    とはいえ、まだ『星投げびと』しか読んでいないんですよ。(^_^;
    hoshinageya さんは、いろいろ文章を書いていらっしゃる方なんですね。
    サイトは現在移動中とのことですが、またゆっくり寄らせていただきますね。

  3. 2008.7.2 21:36

    「もしもこの星に不思議な力があるなら、それは水の中にとけこんでいる」”if
    there is magic on this planet, it is contained in water.”LOREN EISELY
    アイズリー教授の処女作”THE IMMENSE JOURNEY”から、の引用です。
    僕が「文学」に膿んでいたころに出会って、心洗われる体験をしたのが『夜の国
    』の翻訳本でした。教授の著作は、今のところ『夜の国』『星投げびと』の二冊が
    翻訳されていますけど、もちろん原文はすばらしいので機会があったらぜひ読んで
    もらいたい。です。
    “blue print”の世界に入って、ミヒャエル・エンデの『鏡の中の鏡』を思い浮か
    べました。
    はじめからweb発想のコンテンツのおもしろさですね。
    文章書いてる自分が言うのもなんですが、いまのwebには文字が氾濫しすぎてい
    てなんだか息苦しい感じがあるから、あたらしいしくみをもちこんで風通しよくで
    きたらなあ、と思っていましたから、とても刺激的にかんじられました。
    当方のページ、まだはじめて一月なのでよちよち歩きな感じですが、気軽に感想
    などよろしくおねがいします。

  4. ike

    2008.7.2 21:49

    hoshinageyaさん、またまたコメントありがとうございます!
    > “Man is at heart a romantic.”
    たしかに、普通の論文じゃ考えられないですねぇ。
    アイズリー先生、さすがです。
    英語も、かなり頑張れば『星投げびと』に載っていた短編ぐらいは読めるかなぁ

    読めるといいなぁ。(^_^;

  5. ike

    2008.7.2 22:46

    hoshinageyaさん、またまたコメントありがとうございます!
    > “THE IMMENSE JOURNEY”から、の引用
    良いですねぇ。
    読んだ瞬間に、身体の中の何かの成分が変わったのを感じてしまうような文章。
    『夜の国』、思わずAmazonで注文してしまいました。
    他にも、『ダーウィンと謎のX氏』というのも和訳されているようですよ。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4875021658/
    原文は・・・。
    私の英語力では、難しそうです。(苦笑)
    読めると良いのですが。
    BLUE PRINTも見てくださってありがとうございます。
    『鏡の中の鏡』は中学生か高校生の時に読んだことがあるのですが、なんだか難
    解だった覚えがあります。(苦笑)あらためて読むと、別の印象を受けることがで
    きるかもしれませんね。
    こちらこそ、よろしくお願いします。

  6. 2008.7.2 23:26

    たびたびコメントごめんなさい。興奮気味です。
    >『夜の国』、思わずAmazonで注文してしまいました。
    ありがとう! と思わずさけびたくなってしまいました。amazonの回し者じゃな
    いけどアイズリー教授の回し者です^^;
    『ダーウィンと謎のX氏』、さっきのコメント書いた直後に思い出しました。こ
    れは論文だけど、やっぱり教授の文だけあってミスティック、というかロマンチッ
    クです。論文といえば、
    “Man is at heart a romantic.”
    という一文ではじまる”The firmament of the time”も大学の講義録をもとにし
    た論文(エセー)集ですが、地質学、人類学の論文をこんな書き出しではじめる人
    、他にないですね^^(レヴィ=ストロース位かも)
    語学力、僕もないです。無いから身近において何度もくりかえしリズムを味わえ
    る。と思う。ものすごく勘違いして読んでた部分もありました。catfishていうか
    らずっと創作上の猫魚だと思ってたり。(実際はなまず^^;)
    ああ、長々失礼しました。クールダウンしてまたおじゃましますね。頓首

コメントをお願いします