akiyo.jp

2007.12.2

早く帰っておいで暗くなるから

僕の子供時代木々は緑で
何もかも珍しかった

早く帰っておいで暗くなるから

おとうさんの作った壁は叩くと音が響いた
おとうさんの襟は裏返しだった

早く帰っておいで暗くなるから

おかあさんは黄色い服を着ていた
優しく、優しく、微笑んだ

早く帰っておいで暗くなるから

僕が五歳の時黒い夢がやって来た
それから世界は変わってしまった

早く帰っておいで暗くなるから

フレデリック・ルイス・マクニース『自伝』より

現代アイルランド詩集』より

いまさら、ですが。

詩を別の言語に翻訳するのは、本当に難しいと思うのです。

「古池や 蛙飛び込む 水の音」の意味だけではなく5-7-5のリズムと雰囲気を同時に訳すのは無理なのでは?と思ってしまうように。

ところで、この「古池や 蛙飛び込む 水の音」ですが、何人もの方が雰囲気を伝える訳を試みているようです。

こちらのサイトで紹介されていて知ったのですが、『One Hundred Frogs』という本には、なんと百種類以上の「古池や」の英訳が載っているとか。すごい!

変わり種な訳もあって、結構おもしろそう。

* * *

話がそれてしまいましたが、冒頭の詩。

「早く帰っておいで暗くなるから」というフレーズを繰り返し出すことで、失われてしまった穏やかな日常が感じられます。言葉として表されていると同時に、構成とリズムでも切なく伝わってきます。

ストラクチュアとして刻まれた想いは、翻訳しても失われることなく・・・。

* * *

なーんとなく。

parsley sage rosemary and thyme.

コメント

  1. 2007.12.5 01:28

    こんにちは。その “One Hundred Frogs” という本、しばらく前に、欲しくなってアマゾンに注文したら、1〜2週間たってから、「品切れのため入手不可」と言われてしまいました。
    先ほどアマゾンを確認したら、古本で6点ほど出品されているけれども、どれも、べらぼうな値段がついています。近隣の公共図書館の蔵書も検索しましたが、やっぱりこういう英語の本を置いているところは、なさそう。ないとなると、よけいに欲しくなるぅ!!(笑
    すみません、逸れた話のほうに反応してしまいました(苦笑

  2. ike

    2007.12.5 16:09

    > “One Hundred Frogs”
    おお、やっぱりチェック済みでしたか!さすがです。
    Amazon.comだったら、新品でも安く(原価?)入手できそう。
    送料を入れると、どうなるのかチェックしてませんが・・・。(^_^;

コメントをお願いします