akiyo.jp

2004.5.7

オランダ

ちょっと気になる国の一つ。
日本では、チューリップと風車の国としてのイメージの強いオランダ。そんなのどかな印象をよそに、ホントはもっともっとクレイジーで(良い意味でね)革新的なパワーを持った国じゃないかと思うのです。

デ・ステイルを生み出したカタチとイロのセンス。今でこそ「過去の偉業」としてだれもが認めるところですが、当時の人たちの感じたインパクトは想像もつきません。

ミッフィーで有名なディック・ブルーナもオランダですね。彼もオランダの素晴らしいデザイナーの一人です。そういえば、ちょっと前にテレビで、「モンドリアンの絵を観るミッフィー」という絵を見たことがあります。

私はまだ訪れたことはないのですが、前にKLMオランダ航空を使った時にトランジットで寄ったことがあるのです。空港(たぶんアムステルダム)付近と建物が見えたのですが、なんだか不思議な光景でした。

ロシア構成主義、あるいは一時のコルビュジェの都市計画のドローイングに見られるような、巨大かつ威圧的な建造物と、まさに長崎のオランダ村(ハウステンボス?)にあるような「とんがり屋根のおうち」が、なんのためらいもなく隣接しているのです。飛行機の中から見た光景だったので、近くでみると、また違ったスケール感があるかもしれませんが、暴力的と感じてしまうような組み合わせでした。

不思議な組み合わせといえば、そのKLMオランダ航空での機内食。ホットディッシュに焼きそば、前菜的に日本そば、というものだったのです!・・・ありえない。(笑)

そんなこんなで、なにやら惹かれるモノがあるのです。一度は訪れて見る必要がありそう!

余談ですが・・・。
私はてっきり『フランダースの犬』はオランダのお話だと思っていたのですが、ベルギーが舞台だったんですね。知らなかった〜!

コメント

  1. 2004.5.8 01:56

    こんにちは。blog開設おめでとうございます。
    僕もオランダは未踏の地なのですが、KLMのトランジットで、スキポール空港には何度か降りました。その時のイメージは、オランダ人はとにかく大きいということ。機内でも、身を屈めるようにして歩くスチュワーデスの背の高さにびっくりしました。こんなデカい人たちとサッカーしてる小野選手の苦労がわかるような気がしました(笑)。
    オランダを訪れたことのあるKenzoさん( http://www.vagaair.com/ )は、アムステルダムを大層気に入ったようです。僕も次にヨーロッパに行く機会があれば(いつになることやら)、必ず訪ねようと思っています。
    あと、ディック・ブルーナといえば、先日、姪っ子(3歳)にミッフィーの指人形をあげたんですが、かなり受けがよかったです。ああいう極限まで無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインだからこそ、国や年代を問わず受け入れられるんでしょうね。

  2. ike

    2004.5.8 09:38

    さすがyana_takaさん、旅系ネタに反応してくださってありがとうございます!!!
    オランダ〜ベルギー〜北欧(おおざっぱな分類:笑)の人たちって本当に大きそうですよね。サッカーの試合を見ていても、同じピッチにいる日本人選手との体格差に唖然としてしまうことが何度もありました。小野選手も何度も怪我に苦しみつつもがんばっている姿を見ると、本当に応援してしまいます。
    姪っ子さんにミッフィーですか!良い叔父さんしてますねぇ〜。(笑)きっと姪っ子さんは大喜びだったことでしょう。

コメントをお願いします