akiyo.jp

カテゴリー:イロ・カタチ・映像

2010.6.14

「はやぶさ」と『おとうさんのちず』

昨日(6/13)の深夜は、小惑星探査機「はやぶさ」帰還の話題に釘付けでした。

打ち上げから7年、今までの経緯を動画で辿っては涙し(いろいろあるけど、『イトカワをねらえ!』がわかりやすいかも)、「はやぶさ」に地球を見せてあげたいから大気圏突入の瞬間に写真を撮らせることにしたという話にも涙。そして、実際に撮られた写真を見た瞬間は号泣でした・・・。

本当にすばらしいプロジェクトだったと思います。

そして、次に待たれるのは「はやぶさ」が満身創痍で届けた、小惑星「イトカワ」の砂が入っているかもしれないカプセルの回収と分析です。この砂、ただの「宇宙に浮いた石っころのかけら」ではありません。もしかしたら、太陽系誕生や生命誕生の謎を明かしてくれる可能性を秘めているかもしれないのです。期待が高まります!

ここで、「はやぶさ」とは関係ないのですが、思い出したものがあります。ユリ・シュルヴィッツ(Uri Shulevitz)作の『おとうさんのちず』という絵本です。

あるひの こと
おとうさんは いちばに パンを かいに いきました。
ところが ゆうがたに なっても もどりません。
おかあさんと ぼくは しんぱいになり おなかも すいてきました。
ほとんど まっくらに なって、ようやく かえってきました。
おとうさんは わきに かみを まいた ながい つつを かかえていました。
「ちずを かったよ」 おとうさんは ほこらしげに いいました。

Tomoki Yamabayashi=抜粋訳

この作品は日本では、さくま ゆみこ氏の訳で『おとうさんのちず』として出版されていますが、ここでは私のパートナーの訳を紹介させていただきました。

この本は「絵本ナビ」のサイトでは次のように紹介されています。

作者の、画家として歩み始める原点を描いた自伝絵本。戦争で故郷を追われ、過酷な暮らしをしていた時期、父親の持ち帰った世界地図が少年だった作者にパン以上のものを与えた。

今、手元に絵本がないので、詳細についてお話することはできませんが、少年にとって、文字通り「世界」が広がったのです。

「はやぶさ」に話を戻します。
カプセルの中に入っているものは、もしかしたら私達人類にとっての「おとうさんのちず」かもしれない、と思ったのです。

今、世界の国々の宇宙開発は、金銭的に厳しい状況だと思われます。日本でも、例の事業仕分けの対象となっていたはず。それでも、一度プロジェクトの中止が発表されたハッブル宇宙望遠鏡も人々の熱意により継続が決まり、新しい発見のニュースが伝わってきています。

「パン」が大切なのもわかります。
でも、こうしてワクワクできることだって、大切なことだと思うのです。

2008.12.4

アンドリュー・ワイエス展

今日、打ち合わせの帰りに寄ってきました。
じんわり、良かったです。

題材はアメリカの風景、ということですが、描かれているのは北部の地域ということ、そしてご本人が「季節なら秋と冬が好き」と語っているせいでしょうか。なんとなく寂しげで寒々しい印象を受けました。それでも、題材への深い愛着・愛情を感じるのです。

最終的な作品として完成した絵も、もちろん見応えがあったのですが、興味深かったのは並べて展示されている数々の習作。モチーフのディテールを、「本番」の絵よりもスケールアップして、丹念に描いているのです。
モノを作る時の組み立て方として「トップダウン」と「ボトムアップ」と二つの方向から詰めていくやり方を表す言葉があります。

習作の中にも、大まかな構図を検討するためのものと思われる「トップダウン」の方向を感じるものと、細かいディテールを一つ一つ自分の手にとって確かめていくように描いている「ボトムアップ」の方向を感じるものがあり、それらを紡ぎ合わせて絵を完成さえていっているような印象も受けました。

また、習作の方が現実味のある「手で触れられそうな表現」であるのに対して、完成した絵の方が幻想的で何かの呪縛から解放されたように感じるものもありました。

Bunkamuraでの展覧会は12/23まで開催されています。その後、愛知県美術館、福島県立美術館と巡回するようです。興味のある方は是非。

アンドリュー・ワイエス−創造への道程(みち)
開催日程:2008年11月8日(土) – 12月23日(火)
会  場:Bunkamura ザ・ミュージアム

2007.12.10

海の中:歩行者用

その場所は夜になると真っ暗になるのです。
横断歩道があって、信号もあるんだけど
車も滅多に通りません。

本当は
信号なんてつけなくてもよかったのかもしれません。
あるいは
昼間通学する子供達のためについているのでしょうか。
いずれにしても
夜の信号は退屈そうに
暗闇の中で「ぼう」と光っていたのです。

歩行者用の押しボタンを押します。
「ほら、仕事だよ?」
信号たちは、にわかに気ぜわしくなってきます。

空気の色が変わります。
日頃見慣れているはずの青い光は、
赤い暗闇を一変させたのです。

「海の中、みたいだね」

つかのまの海中散歩。
そして空気はもとに戻っていきました。